仙台宮城クラスターはどこで発生!? クラスター発生状況 新型コロナ無料検査の情報も

仙台市の患者から国内初の組換え体オミクロン株を確認 患者は不特定多数との濃厚接触なくすでに療養解除 病原性や感染性は不明

 
オミクロン株
この記事を書いている人 - WRITER -

仙台市は4月28日、市内で発生した患者1名のオミクロン株のゲノム解析の結果、オミクロン株のBA.1系統とBA.2系統の組換え体が確認されたと発表した。この組換え体が確認されたのは国内で初めて。

この組換え体の病原性や感染性については現時点で不明。現在、国立感染症研究所で他自治体で同様の組換え体が確認されていないか確認を進め、病原性や感染性等について調査を行っているという。

この組換え体が確認された患者は、仙台市内に居住する3月下旬に発症し、症状は重篤ではなく、すでに療養解除となっている。発症前14日以内の海外滞在歴はなく、不特定多数との濃厚接触はなかった。現時点でこの患者の接触者などからこの組換え体のオミクロン株は検出されていないという。

オミクロン株の組換え体について、国立感染症研究所のホームページには、これまで国内においては、オミクロン株XEを含む3件の組み換え体を把握している。組換え体については現在までのところ、感染の広がりを強く示唆するデータや、重症化やワクチンの効果が減衰するなどの懸念すべき影響を示唆するデータは報告されていないという。

国立感染症研究所

感染・伝播性の増加や抗原性の変化が懸念される 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の変異株について (第16報)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© せんクラ/仙台宮城クラスターまとめ , 2022 All Rights Reserved.