仙台宮城新型コロナクラスター情報

宮城県がんセンターで職員1人が感染 濃厚接触者1人は陰性 診療は通常どおり実施

 
がんセンター
この記事を書いている人 - WRITER -

地方独立行政法人 宮城県立病院機構は2月28日、名取市にある宮城県立がんセンターの職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。濃厚接触者の陰性が確認されているほか、病院内の関係箇所の消毒を済ませており、診療は通常どおり実施する。

28日に感染確認が公表されたのは、宮城県立がんセンターに勤務する職員。報道では40代の男性職員とされている。この男性の感染が判明したのは27日。この日に感染が確認された40代男性は仙台市の40代団体職員の男性で、発症日は2/25。

保健所の調査によるこの職員の濃厚接触者1人はすでにPCR検査を実施し、陰性が確認されているという。この職員が病院内で業務をしていた場所は消毒を完了し、外来診療や検査などは通常どおり行うとしている。

 

地方独立行政法人 宮城県立病院機構

当センター職員における新型コロナウイルス感染症の感染について

https://www.miyagi-pho.jp/mcc/important/20210228/index.html

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せんクラ , 2021 All Rights Reserved.