仙台宮城新型コロナクラスター情報

登米市内の保育施設で職員1人感染で累計6人 104号クラスター発生

 
tomecity
この記事を書いている人 - WRITER -

宮城県は4月11日、9日に業種業態を業態を公表した登米市内の保育施設で新たに1人の感染が確認されたと発表した。累計の感染者数は6人となり、104例目のクラスターが発生したと断定した。

この保育施設で感染確認が公表されたのは、7日に感染確認が公表された登米市の30代団体職員の女性(4/4発症)、9日に感染確認が公表されたいずれも登米市の20代団体職員の女性(4/5発症)、40代団体職員の女性(4/4発症)、10歳未満の未就学男児(4/5発症)の3人、10日に感染確認が公表されたのは、登米市の10歳未満の未就学男児(4/9発症)の5人だった。11日に感染確認が公表されたのは、登米市の60代団体職員の女性(4/9発症)。職員4人と児童2人の感染とみられる。

この保育施設では、施設内の定期的な換気や消毒など適切な感染対策が講じられていたが、職員と児童の健康管理が十分ではなかったという。

宮城県は、この保育施設での接触者は特定できているとして、施設名を公表していない。

 

104号クラスター 登米市の保育施設 関連記事

登米市内の保育施設で新たに児童1人感染で累計5人 職員と児童の健康管理が不十分

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せんクラ , 2021 All Rights Reserved.