仙台宮城新型コロナクラスター情報

宮城県内で変異株クラスター発生 どのクラスターかは不明

2021/04/06
 
宮城県
この記事を書いている人 - WRITER -

宮城県は4月3日、宮城県内で発生した新型コロナウイルス陽性患者の8人から変異株が確認されたと発表した。

変異株はN501Yの変異型。N501Yの変異は、ウイルスのスパイクたんぱく質の501番目のアミノ酸が、アスパラギン(略号N)からチロシン(略号Y)に置き換わっているという意味。この特徴を持つ変異型ウイルスの一つであるイギリス型の変異ウイルスは、従来のウイルスと比較すると感染力が最大約7割強くなっていて、感染した場合に入院や重症、それに亡くなるリスクが高くなっている可能性があるという。

このうち、5人の患者は、県内でのクラスター関連の陽性者だという。宮城県はこの変異株のクラスターがどこで発生したものか明らかにしていないが、患者の発症時期は3月下旬としている。クラスター関連でない患者については不特定多数との濃厚接触はないとしているが、クラスター関連の陽性者については、不特定多数との濃厚接触について調査中としており、不特定多数との濃厚接触の可能性を否定していない。

宮城県が不特定多数との接触のおそれがあるとして3月に施設名を公表している施設は、

92号 大河原町の居酒屋とり八 3/31クラスター断定

96号 石巻市の飲食店”Foods & Bar ism” 4/3クラスター断定

気仙沼市の居酒屋 尾形 クラスターではない

の3件で、変異株クラスターが発生したのは、このうちのどれかだと考えられる。

 

関連記事

大河原町の居酒屋”とり八”で9人感染 92号クラスター発生 3/22〜29の滞在者はコールセンターへ

石巻市の飲食店”Foods & Bar ism”で不特定の人に感染の恐れ 3/25〜27の滞在者はコールセンターへ

気仙沼市の”居酒屋 尾形”で不特定の人に感染の恐れ 3/26〜29の滞在者はコールセンターへ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© せんクラ , 2021 All Rights Reserved.